シンガポール~パンパシフィック

バリ島からシンガポール航空で2時間40分
シンガポール・チャンギ空港に到着(^o^)/
空港から市内へは、地下鉄で簡単に行ける(^^)

2016年12月に宿泊したパンパシフィックホテル

エントランス

吹き抜けになってる       ヴーヴクリコがいっぱい(^O^)/
 

マリーナベイビュー

バスルームから客室内

よく見るとバスタオル(^O^)/

ホテルからのプレゼント~(#^^#)

部屋からの景色

宿泊したクラブフロアのメイドサービスは1日2回
冷蔵庫の中のドリンク(アルコール以外)と、スナック、水もすべてフリー。
なくなったら補充してもらえる(#^^#)
1日2枚のクリーニングサービスも助かった(^O^)/

クラブラウンジ

ピンクシャンパン~(^^♪ ドリンクはすべてフリー(*^^*)

クラブラウンジでは、朝食(レストランEdgeでもOK)、
アフターヌーンティ、サンセットタイムがあり、
それらの時間以外でもドリンクとスナックはいつでもサービスしてくれる(^O^)/
クラブラウンジって逆に特かも(^^♪

アフターヌーンティ          カプチーノとベイサンズ(^^♪

タブレット写っちゃった…(*_*)

シンガポール~パンパシフィック” への12件のフィードバック

  1. ベッド、なんかやらしい (〃▽〃) シンガポールはアフタヌーンティー提供しているホテルが多いですが、日本より安いとは言え、どこも結構なお値段なんですよね。これらも含まれると考えると、仰る通り利用価値ありますね。

    いいね: 1人

    1. Pro Foodie Orlandoさん、こんにちは(^^♪
      ベッド、アジアのホテルって鶴とか作ってあること多いですよね…(^^;

      ほとんどのクラブフロアはお酒が出る時間が夕食っぽいメニューを出してることが多いですが、シンガポールの場合は、アフターヌーンティが食事で、カクテルタイムは軽いおつまみという感じでしたね。英国式?だからかな??(^.^)

      いいね: 1人

      1. 折り紙作った鶴が浮かんでしまって、アパホテルのことかと勘違いしてしまいました (^_^;) あれ、鶴なんですね。ずっと白鳥だと思っていました。私もアジアではベッドに♡とバラの花びらがありましたね、一人で泊まるっていうのに。シンガポールのクラブフロアではアフタヌーンティーがメインの食事って覚えておきます!

        いいね: 1人

      2. あ、そっか、白鳥ですね(^-^;
        白鳥を分解?した後、どうやって作ってるんだろう??ってやってみたけど、上手くできませんでした”(-“”-)”

        アパホテルも折り鶴があるんですね~!!
        ホテルオークラもベッドの上に折り鶴があるんですよ(^.^)
        そして、10枚程度の折り紙と鶴の折り方のレクチャーもありました。
        (海外のホテルだかららかな??(^^;)

        1人で泊るのに、ハートのバラの花びら。
        それは、ホテルより愛をこめて(^_-)-☆ってことですよ。
        バリ島のホテルは、アヤナではなかったけど、バスタブにバラが敷き詰められてたこともありましたから(^.^)
        (グランドハイアットだったかな??)

        シンガポール、ですね(*^^)v
        一度、ホーカーズにも行ってみましたが、その時は、アフターヌーンティはパスしちゃいました…(>_<)

        いいね: 1人

      3. 分解して挑戦してみたんですね。折り鶴はアパ以外のホテルでもやっているサービスなんですね、アパだけかと思っていました。バスタブにバラって、宣伝の写真用にやってるだけかと思っていました。ゲストに用意してくれたりもするんですね! それは良いなぁ、経験してみたい(*^_^*) 使い終わった後、自分で回収して捨てなきゃいけないのかな? そのまま流せないですよね。

        いいね: 1人

      4. でも薔薇の花びらが敷き詰められてのはいいですが、一緒にお湯も入ってて…。
        なんか怖くて入れず、そこは確か3~4泊したと思うのですが、ずっと同じでした(^-^;

        バリ島のエステでガセポでの貸切スパ(8時間コース、昼食、ドリンク、送迎付き)をやった時、バラの花びら&泡ぶろバスを作ってくれて、それは母親と一緒に入りました(*^^)v

        いいね: 1人

      5. 最初からお湯も一緒に入っているっていうのは、ためらわれますね。向こうとしてはお部屋に来てすぐ入れるようにって配慮だったのかも。

        貸し切りスパ8時間コース! 至れり尽くせりですね。お母様も一緒でお出かけなさることが多いんですね、親孝行なんだなぁって思います。

        いいね: 1人

      6. きっと、そうでしょうね~。

        旦那はゴールデンウィークやお盆、年末年始といった限られた時期しか無理なので、それ以外は母親か友人になります…(*^^)v
        親孝行…でしょうか??
        費用は親持ちです…(^-^;

        いいね: 1人

      7. たとえ費用は親持ちでも、一緒にお出かけしていることが親孝行だと思いますよ。読みながら、自分も娘が大人になった後も一緒に出かけられたらいいなーって羨ましく思ったんです。今ですら外出に誘っても「えー・・・」って嫌そうに言われますし、辛うじて物で釣って付いてきてもらってるようなもの。娘が大人になっても一緒に出かけてくれるなら、親としてはこんな幸せなことはないだろうなって思いますよ!

        いいね: 1人

      8. うちは元々家族で出かけたり、旅行したりっていうのが多かったので、その流れかな?

        母親の友人の息子さんも、学生時代は食事やお茶すら付き合ってくれなかったそうですが、就職してからは海外旅行にもついてくるそうです。「就職して親のありがたみが分かったのよ、出してもらえるし(^.^)」ってそのおばさんは言ってました(^^;
        だから年齢的なものじゃないですかね~(^.^)

        いいね: 1人

      9. 育った環境ってありますよね。旅行が習慣づいているご両親のもとで育つと、旅行が特別なことでも何でもなくて、生活の一部として馴染んでるんでしょうね。

        うちは商売の関係で旅行ができなかったものの、食道楽を自称する両親で、外食には相当費やす家庭環境でした。書きながら「あ、だからか」って自分で納得 (^^ゞ 

        いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中